■行の先頭・行末にジャンプする

文章を書いている画面で、キーボードで「Home」キーを押すと、行の先頭にカーソルが移動します。同様に「End」キーを押すと、行のいちばん後ろに移動します(ノートパソコンなどでは「Fn」キーを同時に押す必要がある場合もあります)。




■ひとつ前の操作に戻る

「間違えて消してしまった」など、たった今やったことを元に戻したいときは、慌てず騒がず、キーボードの「Ctrl」キーと「Z」キーを同時に押しましょう。直前に行った操作が取り消されます。「しまった!」と思ったら試してみてくださいね。




■キーボードだけで画面を終わらせる

ソフトを終了するとき、ウインドウを閉じるとき、右上の「×」をクリックする代わりに、「Alt」と「F4」キーを同時に押してもOK。たくさん開いているウインドウを次々に閉じるときにも便利ですよ。




■ワンタッチで上書き保存

文書の作成中には、万一のトラブルに備えてこまめに上書き保存すると安心。ツールバーの「上書き保存」アイコンをクリックして よいのですが、「Ctrl」キーと「S」キーを同時に押しても、同じように上書き保存されます。キーボードから手を離さずに操作できるので、文書の入力中などには便利ですよ。




■ワードで簡単に文字のサイズを変更する

ワードでは、入力済みの文字列を範囲指定して、キーボードの<Ctrl>キーと<「>キーを同時に押すと、選択している文字のサイズが1ポイント小さくなります。また<Ctrl>キーと<」>キーを押すと、1ポイント大きくなります。キーボードから手を離さずに文字のサイズが変更できるので、便利ですよ。




■すべてを選択する

ワードの画面で、入力してあるすべての文字を選択したい場合、キーボードの「Ctrl」キーと「A」キーを同時に押します。すると、「すべてを選択」した状態になり、まとめてコピーしたり切り取ったりできます。書いてある内容を全部コピーしたいとき、全部消したいとき、などに使えます。




■直前に行った操作を繰り返す

同じ操作を何度も繰り返すのが面倒なとき、「Ctrl」キーと「Y」キーを同時に押すと、直前に行った操作をもう一度実行できます。たとえば、ワードで文字の色を赤にしたいとき、1カ所でその処理をしたすぐあとに別の文字を選択して「Ctrl」+「Y」キーを押すと、その文字の色も赤になります。ほかの操作を行うまで何度でも繰り返し可能。




■ウインドウをダブルクリックで最大化する

ウインドウを最大化したいとき、普通はウインドウ右上にある「最大化」ボタン(四角いボタン)をクリックします。ウインドウのタイトルバー(画面上部の、ファイル名などが書かれている青いバー部分)のどこかをダブルクリックする方法でも、同じことができます。「最大化」ボタンは小さくてマウスポインタを合わせにくい、と感じている人はこの方法がラクかもしれません。




■文字を中央寄せ・右寄せする

文字の「中央寄せ」「右寄せ」を簡単に行う方法です。
<中央寄せ>(タイトルなど)
その文字を選択した状態で、キーボードの「Ctrl」キーと「E」キーを同時に押します。
<右寄せ>(日付や名前など)
同様に、「Ctrl」キーと「R」キーを同時に押します。
ツールバーの「中央寄せ」「右寄せ」のボタンをクリックする方法と比べて、キーボードから手を離さずに操作ができるので効率的です。




■ファイルを開かずに印刷する

ワードで作った文書を印刷するとき、通常はワードを起動し、ファイルを開いてから、「印刷」を選びますね。何も編集せずにそのまま1部印刷したいなら、印刷したいファイルを右クリックし、出てきたメニューから「印刷」を選択するだけで、すぐに印刷できます。




■簡単に範囲を選択する

ワードで文章の中の一部分を選択するとき、普通は始まりから終わりまでをマウスでドラッグしますね。これをもっと簡単に確実に行う方法です。
<単語の場合>
単語の上でダブルクリックする。
<行の場合>
行の左側の余白部分にマウスポインタを持っていき、ポインタが「右上を指す矢印」の形になったらクリックする。
<段落の場合>
「行の場合」と同じ状態で、ダブルクリックする。




■簡単に罫線を引く

ワードで、日本語入力をオフにした状態で「-」を3つ入力し、「Enter」キーを押すと、行末までの罫線を引くことができます。「=(「Shift」+「-」)」を3つの場合は二重線になります。
これと同様に、日本語入力をオフにした状態で「#(「Shift」+「3」)」や「*(「Shift」+「け」)」を3つ入力して「Enter」キーを押すと、それぞれ違う種類の罫線を引くことができます。試してみてくださいね。




■デスクトップにワードの「スクラップ」を作る

ワードでは、何度も入力したい文字列「スクラップ」としてデスクトップに貼り付けておいて、再利用することができます。
【1】入力済みの文章の中から、再利用したい部分をマウスでドラッグして選択状態にする。
【2】そのままデスクトップにドラッグ&ドロップする。(ワードの画面を「最大化」にしているとデスクトップが見えないので、前もって、画面右上の「縮小」ボタンをクリックして画面を小さく調整しておく)
【3】デスクトップに「Word文書のスクラップ○○」(○○は選択した文字列)というアイコンができる。
【4】再びこの文字列を文書に入力したいときは、このアイコンをワードの画面にドラッグ&ドロップする。
スクラップはいくつでも作っておけるので、再利用したい文字列が何種類かある場合に、便利です。




■既定の保存先を変更する

ワードで文書を作り「名前を付けて保存」するとき、通常は「マイドキュメント」に保存される設定になっています。この保存先はその都度別の場所に変更できますが、いつも「マイドキュメント」以外の特定の場所に保存するのなら、設定を変えておくと便利です。
【1】ワードで、メニューの「ツール」→「オプション」をクリック。
【2】「既定のフォルダ」タブをクリック。
【3】「ファイルの種類」で「文書」が選択されているのを確認し、「変更」ボタンをクリック。
【4】いつも文書を保存したいフォルダを選択して「OK」をクリック。
これで、メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックすると、選んだフォルダが指定されている状態になります。




■行頭記号が勝手に入力されないようにする

ワードで行頭に「・」や「※」などの記号を使って文字列を入力し「Enter」キーを押すと、次の行頭にも自動的に同じ記号が入力されます。これが邪魔なときには、自動入力されないように設定を変更できます。
【1】メニューの「ツール」→「オートコレクトのオプション(ワード2000では「オートコレクト」)」をクリック。
【2】「入力オートフォーマット」のタブをクリック。
【3】「箇条書き(行頭文字)」のチェックを外して、「OK」をクリック。
同様に「箇条書き(段落番号)」のチェックを外すとと、行頭に自動的に数字が入力されるのを止めることができます。




■「印刷」画面をすばやく呼び出す

インターネットエクスプローラ、ワード、エクセルなどで印刷をするとき、キーボードの「Ctrl」キーと「P」キーを同時に押すと、すぐに「印刷」の画面を呼び出すことができます。これで、メニューの「ファイル」→「印刷」をクリックした場合と同じ操作ができます。




■表示倍率を手軽に変える

ワードでは、メニューの「表示」→「ズーム」から、画面に表示る倍率を変更できますが、これをもっと簡単に利用する方法です。
【1】ファイルを開いた状態で、「Ctrl」キーを押しながら、マウスのホイールボタン(左クリック用と右クリック用の真ん中にあるボタン)を、上に動かすと拡大表示下に動かすと縮小表示となる。
開いた文書の文字が小さくて見づらいときや、文書の作成中にページ全体のレイアウトを確認したいときなどに使うと便利です。
※ホイールボタンがついていないマウスではこの方法は使えません。




■ホームページの文字だけコピーして貼り付ける

ホームページに書かれている文章の一部をコピーして、そのままワードに貼り付けたいとき、普通に「コピー」と「貼り付け」をすると、ホームページで表示されていた文字の大きさや色などの書式もそのまま反映されてしまいます。書式は除いて文字だけを貼り付けたいときは、次のようにします。
【1】ホームページ上でコピーしたい文字をドラッグして選択し、右クリック→「コピー」をクリック。
【2】ワードの文書画面の貼り付けたい位置をクリックし、メニューの「編集」→「形式を選択して貼り付け」をクリック。
【3】現れた画面で「テキスト形式」を選択し、「OK」をクリック。




■テキストボックスで行間隔を狭くする

ワードでテキストボックスを作成して文章を入力すると、行間隔が広すぎて間延びしてしまうことがあります。そんなとき簡単に行間隔を狭くする方法です。
【1】テキストボックス内の行間隔を狭くしたい段落を選択し、メニューの「書式」→「段落」をクリック。
【2】表示された「段落」設定画面で、「インデントと行間隔」タブを開く。
【3】「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外し、「OK」をクリック。




■ワードで頭文字を大文字にしない

ワードで英文字を入力するとき、「abcde」と入力したくても、「Enter」キーを押すと自動的に「Abcde」となってしまいます。この現象は、「オートコレクト」という設定を変更すれば解消できます。
【1】メニューで「ツール」→「オートコレクトのオプション」をクリック。
【2】「オートコレクト」タブで「文の先頭文字を大文字にする」のチェックをはずし、「OK」で画面を閉じる。




■ワードで文書の途中で次ページに移動する

「ワード」で文書を作成しているとき、ページの途中に余白を残したまま次のページに移動して、続きを入力する方法です。
【1】文章を入力した後、改ページしたい位置にカーソルを置き、キーボードの「Ctrl」と「Enter」キーを同時に押す。すると、カーソルが次のページの頭に移動します。
なお、その位置での改ページをやめて、前のページとつなげたいときは、改ページ後のページの頭にカーソルがある状態で「BackSpace」キーを押します。


HOME

Copyright c 2009 miyu All Rights Reserved.