「ウィンドウズアップデート」ってどういうもの?  
  ウイルスが侵入する穴をふさいだり、プログラムのミスを修正したりするもの ニュースで「メールを開いただけでウイルスに感染」なんて耳にしますね。なぜそんなに簡単に感染するのかというと、そのウイルスがウィンドウズのセキュリティホールを利用しているからなんです。 セキュリティホールは、プログラムのミスのひとつで、他者の侵入を許す抜け穴のこと。家に例えると、玄関にはいくつも鍵をつけているのに、裏口にはうっかり鍵を作り忘れたようなものです。それなら裏口から泥棒が入り放題ですね。 ウィンドウズのセキュリティホールも同様に、そこをふさがない限りウイルスが自由に入ってくるのです。そこで、セキュリティホールを修正するのがウィンドウズアップデート。ウィンドウズの開発元であるマイクロソフトのホームページにアクセスして、プログラムのミスを修正します。ウィンドウズアップデートを行うと、その他のプログラムミスもまとめて更新、修正されるので、ウィンドウズが安定します。また、ウィンドウズアップデートでウィンドウズの新機能が公開され、追加できることもあります。  

「ウィンドウズアップデート」をしてみよう

   「ウィンドウズアップデート」をしてみよう

  ウィンドウズアップデートは、マイクロソフトのホームページから更新のためのデータを入手する作業なので、インターネットに接続した状態で行う。ほかのソフトはすべて終了してから行おう。なお、アップデートする内容によって、表示される画面は異なるので、それぞれの画面の指示に従う。  

1 「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」→「windows Update」を選択する。  

1 「インターネット・エクスプローラ」が自動的に起動して、マイクロソフトのホームページアクセスする。この画面が表示されたら「更新をスキャンする」をクリックすると自分のパソコンの状況の調査が始まる。続いて、「更新の確認とインストール」をクリックする。   

2 下のほうに、最優先で更新しなくてはいけないデータの一覧が表示される(画面側ではひとつだけ)。「今すぐインストールする」をクリックする。  

3 使用許諾契約の内容を見て「同意します」をクリックする。  

4 更新に必要なデータが自分のパソコンにコピーされる。「次へ」ボタンをクリックすると、更新作業が始まる。  

4 画面のようになっていることを確認して、それぞれ「次へ」をクリックして先へ進む。  

4 さらに更新に必要なデータがコピーされ、続いてインストールされる。終了すると、この画面が表示されるので、「完了」をクリックする。  

4 更新を有効にするためにパソコンを再起動する。今すぐに再起動するときは「OK」を、あとで再起動するときは「キャンセル」をクリックする。  

ポイント ウィンドウズアップデートは一度やれば大丈夫?
  ウィンドウズのセキュリティホールは、次から次へと発見され、そのたびに修正版が公開されます。重要なものが公開されると、インタネーネットアクセス中に画面の右下に「新しい更新をダウンロードする準備ができました」というメッセージが表示されるので、メッセージをクリックしてウィンドウズアップデートを行いましょう。




Copyright c 2009 miyu All Rights Reserved.