みゆ的初心者さん向けPCサイトを読むための3つのキホン  
  パソコンを操作するときに、知っているとスムーズに進めることができるキホンの知識です。もう知っているという方も、もう一度おさらいしてみましょう。  

名称のキホン 画面の名称を覚えよう! パソコン操作のキホン マウス操作を覚えよう!
トラブルを避けるためのキホン 安全な使い方を覚えよう!

   名称のキホン 画面の名称を覚えよう!

 
※クリックすると大きな画面で見られます
クリックすると大きな画面で見られます

1 アイコン
ファイルやフォルダなどを一目でわかるようにマークで表示したもの。

1 マイドキュメントフォルダ
自分で作成したデータなどは、ここに保存しておくと呼び出すときに便利。

1 ショートカットアイコン
ソフトなどを簡単に起動したりするためのアイコン。左下に矢印がついているのが目印。

1 ファイル
パソコンで扱うデータのひとつのまとまり。

1 フォルダ
ファイルを整理して分類するための入れ物。

1 ごみ箱
削除したいファイルやフォルダはここに捨てる。パソコンから完全に削除するには、ごみ箱を空にする必要がある。

1 マウスポインタ
マウスで動かして、パソコンの操作を行う。状態によって形は変化する。

1 フロッピーディスクドライブ
ダブルクリックすると、セットしたフロッピーデスクの中身が表示される。
※パソコンによっはないものもある。

1 (左から)最小化・最大化・閉じるボタン
ウィンドウの大きさを変更できる。「最小化」では、ウィンドウがタスクバーに収納されてデスクトップに表示されなくなっている。「最大化」では、デスクトップ画面いっぱいにウインドウズが表示される。「閉じる」ではウインドウやソフトがウインドウやソフトが終了する。

1 ハードディスクドライブ
パソコンの中身はすべてここに入っている。パソコンによっては複数ある場合も。

CD-ROM ドライブ
ダブルクリックすると、セットしたCD-ROMの中身が表示される。パソコンによっては、CD-R/RWやDVD-ROMに対応しているものもある。

タイトルバー
各ウインドウのソフト名やフォルダ名、ファイル名などが表示される。紺色のバーが今操作しているウインドウ。

メニューバー
利用できる機能が分類・整理して表示される。

ツールバー
よく使う機能をマークで表示してあり、クリックひとつで利用できる。

カーソル
傍線が点滅している部分には文字などが入力できる。カーソルはクリックやキーボード操作で移動できる。

スクロールバー
バーを動かすことで、ウインドウの中身を動かして隠れている部分を表示できる。

スタートボタン
クリックすると、スタートメニューが表示される。

スタートメニュー
パソコンの各機能やインストールされているソフトなどを呼び出すメニュー。「プログラム」にソフトが登録されている。

クイック起動バー
よく使うソフトを登録しておくと、クリックひとつでソフトが起動できる。

ウインドウ
ソフトやファイル、パソコンの各機能はひとつずつの画面で表示される。

タスクバー
起動しているソフトがここに一覧表示される。クリックでソフトの切り替えが可能。

デスクトップ
文字どおり、パソコンで作業をするための机にあたる部分。

MS-IMEツールバー
日本語入力の機能がまとめてあるバー。左端に「あ」と表示されているときに、日本語が入力できる。

タスクトレイ
スピーカーの音量やインターネットの接続など、パソコンのシステムの状態を表示する。

   パソコン操作のキホン マウス操作を覚えよう!

クリック
マウスの左ボタンをカチッと1回押します。ファイルやフォルダを選択したり、ボタンを押すときなどに使います。

1 ダブルクリック
マウスの左ボタンをカチカチッと2回連続して押します。ファイルやフォルダを開いたり、ソフトを実行するときに使います。

2 右クリック

マウスの右ボタンをカチッと1回押します。右クリックした部分で利用できる機能などが表示されたりします。


3 ドラッグ&ドロップ
マウスの左ボタンを押したまま、マウスをずるずると目的の場所まで移動し、そこで左ボタンを離します。ファイルヤフォルダを移動したり、範囲を選択したりするときに使います。

   トラブルを避けるためのキホン 安全な使い方を覚えよう!

1 何度もクリックしまくらない
反応がないように見えても、パソコンは一生懸命操作を行っている場合が多いのです。あんまりせかされると逆に動かなくなってしまうこともありますので、少し待ってあげましょう。

1 たくさんソフトを起動しない
いろいろなソフトを起動した状態でパソコンを操作すると、パソコンにはとても負担になります。必要最小限のソフトを起動した状態で操作しましょう。

2 ソフトをインストール/アンインストールするときは、他のソフトをすべて終了する
他のソフトを起動したままソフトをインストール/アンインストールするのは、トラブルのもと。めんどうでも必ずすべてのソフトを終了してから操作を行いましょう。

3 ソフトをインストール/アンインストールしたら再起動する
自動的に再起動するようになっている場合もありますが、そうなっていない場合でも再起動しましょう。再起動することによって、パソコンがリセットされて安定します。

4 うまくいかなかったら、落ち着いて最初からやり直す
パソコンは万能の機械ではありません。状況によっては調子が悪いときもあります。こんなときは、いったんパソコンを再起動して、落ち着いてもう一度やり直しましょう。めんどうなようでも、それが解決への近道です。

ポイント パソコンが動かなくなってしまったら?
  パソコンが動かなくなることを、「フリーズ」「ハングアップ」といいます。
 
STEP1 コントロールキー、Altキー、Deleteキーを押す
まずは、「ctrl」キーを押しながら、「Alt」キーを押し、さらに「Delete」キーを押します。「プログラムの強制終了」画面が表示されたら、「応答なし」と表示されているソフトを選択し、「終了」ボタンをクリックします。
STEP2 Ctrlキー+Altキー+Deleteキーを連続して押す
もう一度「Ctrl」キーを押しながら、「Alt」キーを押し、さらに「Delete」キーを押します。続けてもう一度その3つのキーを押すと、パソコンが再起動します。
STEP3 リセットボタンを押すか、電源ボタンを長押しする
リセットボタンのあるパソコンの場合はリセットボタンを押します。リセットボタンがない場合は、電源ボタンをいつもより長めに押すとパソコンの電源が切れます。
STEP4 電源コードを抜く
STEP3までの操作を行っても反応がない場合には、パソコンの電源コードを抜くしかありません。あくまで最後の手段ですので、必ずSTEP3までの操作を確認してから行ってください。




Copyright c 2009 miyu All Rights Reserved.