iTunesでCDの取り込み編  
  iTunesは、パソコンで音楽を楽しむための統合ソフト。このソフトで取り込んで編集・整理した音楽は、ほとんど自動的にiPodに移すことができるのです。 パソコンで音楽を聴いたり、編集したりするためだけにも使える、お役立ちソフト。ぜひ一度使ってみて!  

  iTunes(アイチューンズ)
iTunesは、iPodに付属のCD-ROMからインストール、もしくはネットからダウンロード(無料)します。
 

音楽CDをパソコンに取り込む iPodに曲を転送する
プレイリストを作る

   音楽CDをパソコンに取り込む

iTunesを立ち上げ、CDドライブに音楽CDを挿入する。パソコンがインターネットにつながっていれば、自動的に曲名が表示される。(インターネット上に情報のないCDの場合は「トラック01」などと表示される)。
「インポート」ボタンをクリックすると、パソコンに音楽データが取り込まれる。
 

1 iTunesでは、音楽を取り込むときのファイル形式が選べる。何も設定を変えなければ「AAC」という形式になるが、これはiPodにしか対応していない形式なので、CD-Rでも利用したい場合は「MP3」がおすすめ。
ファイル形式を変えるには、メニューの「編集」→「設定」を選んで「インポート」タブをクリックし、「インポート方法」の右の▼をクリックして選択する。
 

   iPodに曲を転送する

パソコンにiPodをつなぐと、右のウインドウに「iPod」の表示が出て、iTunesに入っている音楽データが自動的に転送される。これはあっという間。  

1 転送が完了するとこんなメッセージが。これが出るまで別の操作はしないこと。  

2 自動的に転送する設定になっていない場合は、右下に表示されるiPodのマークをクリックして、「iPod」タブの画面で転送方法を選ぶ。  

   プレイリストを作る

ポイント 取り込みっぱなしでは曲を選ぶのが大変なので、好きな曲を選んで「マイベストアルバム」や「車の中で聴く曲集」「子供のための曲集」などのリストを作っておくと便利です。

1 iTunesのメニューから「ファイル」→「新規プレイリスト」を選ぶ。  

1 プレイリストのタイトルを入力し、「ライブラリ」の中から好きな曲を選んでドラッグ&ドロップ(マウスボタンを押したままプレイリストに重ねるように動かす)する。これで、選んだ曲だけが入ったプレイリストが完成。  

2 iPodを接続すると、プレイリストごと転送されます。  

次は、iPodのある生活をもっと楽しくするグッズ編です!



Copyright c 2009 miyu All Rights Reserved.