いまいち写真がみるみる変わる
魔法のデジタル加工術
 
  せっかく撮影したデジカメ写真。
暗くてよく見えない、なんだかくすんでる、なんてことはありませんか。
ちょっと失敗してしまった写真でも、パソコンを使えば、思ったとおりの仕上がりに修正できるんです。
もちろんお気に入りの1枚も、よりグレードアップ!
魔法のような驚きのビフォーアフターを体験してください!
 

朝自習
PictBear Second Editionとプラグインのインストール
1時間目
PictBear Second Editionのキホン
2時間目
写真の加工の流れ
3時間目
写真の加工のキホン
4時間目
選択範囲の作り方
5時間目
効果(フィルタリング)のかけ方
6時間目
いろいろな形での写真の切り抜き方
放課後
PictBear Second Edition Q&A


   朝自習  PictBear Second Editionとプラグインのインストール

ポイント まずは、写真の加工に使うソフトをインストールするよ!「PictBear Second Edition」っていうソフトを使うんだ。
  画像処理ソフト
PictBear Second Edition
フリーウェア
作者:Yasuyuki Kashiwagi

プラグイン
EXFilters
ガンマ修正フィルタ
フリーウェア
作者:岩倉 学

RGBカラー
色相/彩度/明度
フリーウェア
作者:egis

光条フィルタ
フリーウェア
作者:ねこら


PictBear Second Editionのインストール

付属CD-ROMをパソコンにセットし、メニュー画面の「」ボタンをクリックする。  

1 「EXFilters」というファイルを「PictBear Second Edition」の画面へドラッグ&ドロップする。  

2 この画面が表示されたら「OK」ボタンをクリックする。  

2 同様にして、メニュー画面のほかの4つの「プラグイン」ボタンをクリックして、 以下のファイルを「」の画面へドラッグ&ドロップする。  

2 上記の操作がすべて終了したら、「PictBear Second Edition」をいったん終了する。これで、インストールはすべて終了!  


プラグインのインストール

付属CD-ROMをパソコンにセットし、メニュー画面の「」ボタンをクリックする。  

1 ▼ボタンをクリックして、使っているウィンドウズのバージョンを選択し、「OK」ボタンを クリック。次の画面で「次へ」ボタンをクリックし、右の画面が表示されたら、「同意する」にチェックを入れて 「次へ」ボタンをクリックする。  

2 「次へ」ボタンをクリックしていって、左の画面が表示されたら、「デスクトップにショートカットを作成」にチェックを入れて 「次へ」ボタンをクリックする。次の画面で「インストール」ボタンをクリックするとインストールが開始される。  

2 インストールが完了すると、「PictBear Second Edition」が自動的に起動する。左の画面が表示されたら「jpn」を選択して 「OK」ボタンをクリックする。  

2 「PictBear Second Edition」の画面が表示されればインストール完了!  

   1時間目
PictBear Second Editionのキホン

ポイント
   

描画ツールバー
写真を加工するのに必要なツールが並んでいます。
※表示されないときは、メニューの[表示]→[コントロールバー]→[描画ツールバー]で表示されます。

1 編集エリア
ここで写真を加工します。

1 パレット
タブをクリックして切り替えることで、色やブラシの大きさを設定できます。
※表示されないときは、メニューの[表示]→[コントロールバー]→[パレット]で表示されます。

1 ビュー
タブをクリックして切り替えることで、いろいろな設定ができます。
※表示されないときは、メニューの[表示]→[コントロールバー]→[ビュー]で表示されます。

1 レイヤー
レイヤー(詳しくは__参照)に関する設定ができます。
※表示されないときは、メニューの[表示]→[コントロールバー]→[レイヤー]で表示されます。


起動する
  デスクトップにある「PictBear Second Edition」をダブルクリックすると、「PictBear Second Edition」が起動する。
※デスクトップにこのアイコンがない場合は、「スタート」→「すべてのプログラム」→「PictBear Second Edition」→「PictBear Second Edition」を選択すると、起動します。


終了する
  画面の右上にある「×」ボタンをクリックするか、メニューの[ファイル]→[アプリケーションの終了]を選択すると、 「PictBear Second Edition」は終了する。
終了時に、まだ保存していない加工中の写真があると、こんな画面が表示されるよ。
加工中の写真を保存して終了するときは、「保存」ボタンをクリックして保存する。
加工中の写真を保存しないで終了するときは、「すべて破棄」ボタンをクリックして終了する。


環境設定を行う
  使い始める前に、ちょっとだけ設定を変えるよ。これで、ぐーんと使いやすくなるんだ。

1 メニューの[表示]→[オプション]を選択する。  

2 「カーソル」をクリックし、「詳細なカーソルを表示する」にチェックを入れる。  

2 「関連付け」をクリックし、「」にチェックを入れる。  

2 「OK」ボタンをクリックする。  

   2時間目
写真の加工の流れ

ポイント 写真のファイルを開く

メニューの[ファイル]→[開く]を選択する。  

1 加工したいファイルの写真を選択し、「開く」ボタンをクリックする。  

2 作業がしやすいように、「最大化」ボタンをクリックして、画面を広げておく。  

2 インストールが完了すると、「PictBear Second Edition」が自動的に起動する。左の画面が表示されたら「jpn」を選択して 「OK」ボタンをクリックする。  

ポイント 写真のサイズを調整する

メニューの[イメージ]→[イメージのリサイズ]を選択する。  

1 「縦横比を固定する」と「補間処理を行う」にチェックが入っているのを確認して、「幅」または 「高さ」に「1200」と入力して「OK」ボタンをクリックする。
※もともと1200より小さい場合は、そのままでOKです。
横向きの写真なら「幅」、縦向きの写真なら「高さ」に「1200」と入力する。
 

ポイント あれ?小さくしたはずなのに、画面では小さくなったように見えないよ。
  そんなときは、拡大率をチェック!
見た目は変わらなくても、拡大率が大きくなっているよ。つまり、
ちゃんと写真は縮小されているってことだね。

ポイント いったん写真を別名で保存する

メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択する。  

1 ▼ボタンをクリックして、写真を保存する場所を選択する。  

2 「ファイル名」の欄に、写真を保存するファイル名を入力する。 区別するために、元のファイル名とは違う名前にしておこう。  

2 ▼ボタンをクリックして、「PictBear Secondファイル(pbx)」を選択する。  

2 「保存」ボタンをクリックする。  

2 1で指定した場所に、2で指定したファイル名で、このようなファイルが作成される。

このアイコンのファイルは、「PictBear Second Edition」専用のファイルだよ、ダブルクリックすると、「PictBear Second Edition」が自動的に起動して、 写真あ表示されるんだ。
 

ポイント 「PictBear Second Edition」以外でも使えるようにJPEG形式で保存する

メニューの[レイヤ]→[レイヤーの統合]→[表示部分の統合]を選択します。  

1 「いったん写真を別名で保存する」の1〜3の作業を行う。  

2 ▼ボタンをクリックして、「Jpegファイル(jpg)」を選択する。  

2 「保存」ボタンをクリックする。  

2 指定した場所に、指定したファイル名でこのようなファイルが作成される。

パソコンによっては、アイコンが違う場合もあるけど、この方法で保存したファイルなら、たいがいの ソフトで加工した写真が使えるよ。
 

   3時間目
写真の加工のキホン

ポイント 加工したい部分を選択範囲で指定してから、効果をかける
  つまり、どういうことかというと…

人物や言葉だけ暗くなっちゃった…

そんなときこそ、魔法のデジタル加工。
パソコンでパパッと明るく…

…と思ったら、
暗くない部分まで明るくなっちゃって、
白っぽくなっちゃった!

人物だけ明るくしたいの!見ればわかるでしょ!
と叫んでも、ソフトには通じない。

そんなときこそ、選択範囲です!
ここだけに書こうをほどこしたいんだ、ということをソフトに教えてあげるのです。

そうすれば、ほら、人物だけが明るくなりました!

   4時間目
選択範囲の作り方

ポイント 選択範囲の作り方にはいろいろな方法がある。ここでは、3種類の選択方法と、 ふたつの組み合わせワザを覚えよう。

ポイント A すべてを選択する

メニューの「選択範囲」→「すべて選択」を選択する。  

1 写真の外周りに点滅した点線が表示される。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

ポイント 選択状態を解除するには?
  メニューの[選択範囲]→[選択範囲の解除]を選択すると、点滅している点線が 消えて、どこも選択されていない状態になる。

ポイント B 四角く選択する

「描画ツールバー」の「選択範囲」をクリックする。  

1 写真の上で斜めにドラッグして、四角く選択したい範囲を囲む。  

1 点滅した点線が表示されるので、ドラッグして位置を調整する。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

ポイント C 自由な形で選択する

「描画ツールバー」の「自由選択」をクリックする。  

1 写真の上でドラッグして、選択したい範囲を囲む。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

1 点滅した点線が表示される。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

ポイント 離れた場所を同時に選択するには?
  この写真のように、離れた場所にある部分を同時に選択したいときは、 「Shift」キーを押しながら選択すると、選択できる。 ※ここではわかりやすく水色の線で表示しています。

ポイント 組み合わせワザ1 選択範囲の反転

1 __のA、B、Cいずれかの操作で、選択範囲を指定する。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

2 メニューの[選択範囲]→[選択範囲の反転]を選択する。  

2 選択範囲が反転される。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

ポイント 組み合わせワザ2 境界のぼかし

1 __のA、B、Cいずれかの操作で、選択範囲を指定する。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

2 メニューの[選択範囲]→[境界のぼかし]を選択する。  

2 「20」ピクセルと入力して「OK」ボタンをクリックする。  

2 見た目では、境界が簿えkているかどうかわからないが、選択葉にが広がって表示される。
※ここではわかりやすく赤線で表示しています。
 

   5時間目
効果(フィルタリング)のかけ方

ポイント さぁ、いろいろな効果を試してみよう!効果をかける前に、まず__の操作を行って 、次に__の操作で効果をかけたい部分を選択範囲で指定してね。

ポイント 効果を取りし消したいときは?
  「標準ツールバー」の「元に戻す」をクリックすると、ひとつ前の操作に戻ります。 指定した効果が気に入らないときは、「元に戻す」をクリックして、効果をかける前の状態に 戻してから、もう一度、効果をかけ直しましょう。

暗い部分を明るくする  

1 ふんわりとやわらかい写真にする  

1 肌の色を健康的にキレイにする  

1 空の色を鮮やかにする  

1 キラキラ光る星を散りばめる  

   6時間目
いろいろな形での写真の切り抜き方

ポイント 写真の切り抜きのキホン
  写真を好きな形に切り抜く方法にも、「選択範囲」が活躍します。操作としては、切り抜くというよりも、入らない部分を 削除するという感じなので、切り抜きたい形で、切り抜きたい範囲を選択してから、その選択範囲を反転して削除します。

四角く切り抜く  

1 丸く切り抜く  

1 人物などを切り抜く  

   放課後
PictBear Second Edition Q&A

1 フィルタを使っても効果がかからない!
1 __の「写真の加工のキホン」にあるように、効果をかけるには、まず選択範囲を指定する必要があります。選択範囲を指定していても、 効果がかからない場合は、効果をかけたい写真のあるレイヤーが選択されているか確認しましょう。

1 ワードに写真を読み込んだらエラーが!
1 加工した写真をワードに読み込んだときに、下のような画面が表示される場合は、 そのファイルはワードでは利用できません。加工した写真をワードで利用するには、JPEG形式か、 PNG形式で保存したファイルを利用してください。

1 フィルタが見つからない
1 メニューの[フィルタ]に、使いたいフィルタが見つからない場合は、フィルタが正しくインストールされていない可能性があります。 フィルタは、「」をインストールしただけではインストールされませんので、必ず__の操作で個別にインストールしてください。

1 選択範囲が表示されない
1 メニューの[選択範囲]→[すべて選択]を選択しても、下図のように表示されない場合は、設定に問題があるかもしれません。 メニューの[表示]→[選択範囲の表示]を見て、下図のように[選択範囲の表示]が有効になっているか確認してください。

1 JPEG形式やPNG形式で保存できない
1 JPEG形式やPNG形式で保存しようとすると、下のような画面が表示される場合は、複数のレイヤーがあるために、JPEG形式や PNG形式では保存できません。画面右下の「レイヤー」の部分で、「表示部分の統合」をクリックして、レイヤーをひとつにしてから、保存してください。


Copyright c 2009 miyu All Rights Reserved.