ディスプレイケーブルのコネクタについて  
  ディスプレイケーブルのコネクタについての解説です。ELECOMさんのWebを参考にしています。  

アナログ デジタル

   アナログ

ポイント  D-Sub 15Pin(ミニ)
 
パソコンとディスプレイ等をアナログ接続する、一般的なコネクタです。
コネクタ形状 伝送可能な信号
映像のみ

   デジタル

ポイント DVI (Digital Visual Interface)
 
パソコンと液晶ディスプレイ等を、デジタル接続するコネクタです。 ディスプレイにパソコンから信号を送る際に、アナログに変換せずデジタルで直接送ることができるので、D-Sub15pinよりも画質が向上します。
  コネクタ形状 伝送可能な信号 対応解像度
シングル リンク
映像のみ 1920dpi×1200dpi まで
デュアル リンク 映像のみ 2560dpi×1600dpi まで

ポイント HDMI (High-Definition Multimedia Interface)
 
パソコンと液晶ディスプレイ等を、デジタル接続するコネクタです。 ディスプレイにパソコンから信号を送る際に、アナログに変換せずデジタルで直接送ることができるので、D-Sub15pinよりも画質が向上します。
コネクタ形状 伝送可能な信号 対応解像度 転送速度

映像・音声 ・制御 2560dpi×1600dpi まで 最大 10.2Gbps

ポイント DisplayPort
 
パソコンと液晶ディスプレイ等をデジタル接続する、次世代のコネクタです。 DVIより小型、HDMIよりも高速なうえ、1本のケーブルで、映像・音声・制御信号を送受信できます。 また、複数のディスプレイを数珠つなぎにするだけでマルチディスプレイ環境を簡単に実現できます。
コネクタ形状 伝送可能な信号 対応解像度 転送速度

映像・音声 ・制御 2560dpi×1600dpi まで 最大 10.8Gbps




Copyright c 2009 miyu All Rights Reserved.